foto sérénade

カテゴリ:other( 4 )

考・カメラ その1

ここ数ヶ月、いや、半年以上ずっと私は自分のカメラをどうするか悩んでいた。
デジタル一眼レフを始めて早6年。途中、フルサイズの5D mark 2に切り替えてからというもの、他のカメラには一切興味を持たず(持つ必要もなく)、頻繁に行く旅行や日々のスナップを楽しんでいた。6年の間にレンズもそれなりに増え、超広角から望遠まで、ほぼ撮れないものはない環境を整えていた。

ここ1〜2年は単焦点レンズ(50mmが多かった)だけを持って町を散策するスタイルを好むようになった。理由はあまり覚えていないが、きっと50mmという画角に魅かれたのだと思う。おかげで便利なズームのLレンズを使う頻度は下がった。昨年夏に135mm F/2 L USMというフルサイズで一度は使ってみたいレンズを手に入れてからは益々その傾向が強まり、50mm+135mmで町を歩くこともしばしば。

私が持っていた50mmは廉価版の50mm f/1.8であったため、もう少し使い勝手や性能の良いものを購入しようと思ったのは昨年の年末。ちょうど年末年始にヨーロッパへの旅行を控えていたこともあり、レンズの購入を検討した。新規の購入でも良かったのだが、そのとき考えたのは利用頻度の落ちていた24-105mm F/4 L IS USMという5D mark2に必携のレンズの売却。カメラ屋がそこそこの値で買い取ってくれることも知り、私は25-105mm F/4 L IS USMを売り払い、50mm f/1.4とついでに35mm f/2を中古で購入した。結局ヨーロッパは50mmと135mmと17-40mmの3本で撮影し、旅を終える。

年が明けて2011年。私はなぜかフィルムカメラへの購入意欲が高まった。きっと趣味としてのカメラをもっと高めたい、そう思ったのだろう。そのときぼんやりと候補に挙がったのがLeica M3。Leicaというブランドこそ以前から知ってはいたものの、どのようなタイプのカメラで何が良いのかは全く知らなかった。当然、あらゆる情報を集めて調べる。

どうやらM3というのがライカのフィルムカメラの最高峰らしい。手に入れようともウェブでは「初めて中古のフィルムライカを買うにはある程度の知識を持った人と一緒に中古カメラ屋に行き、そこで選ぶのが良い」と紹介されている。当然そのような知人はいない。

中古カメラ屋に行く時間もなく時が過ぎたのだが、たまたま某オークションを覗くとM3が10万円を切る値段で出品されていた。現物を見ずにライカのフィルムカメラを購入するなんて非常にリスクが大きいはずなのに、オークションに掲載されたカメラの写真を見る限りは非常に綺麗な個体。気がつけばそのカメラを落札していた。

こうして手元にやって来た初めてのライカ、M3は確かに美品だった。シャッタースピードも問題なし、テストフィルムの結果も問題なし。ファインダーも良好。何も知らずにラッキーなことに良い個体を手に入れてしまったのだ。

ダブルストロークの初期型ライカはとにかく撮っていて心地よかった。レンジファインダーはとても新鮮で、5D mark2で慣れていたファインダーよりも圧倒的に見やすい。何より空間を切り取る、という意識が私にはとても新鮮だった。

これで私はすっかりライカにはまってしまう。
フィルムカメラは現像を待つ時間、出来上がりを見る緊張感と楽しみなど、ゆったりとしたカメラライフを私に提供してくれた。だが、私は元々フィルムカメラを経験していないデジタル世代の人間。やはり当然のようにLeicaのM型デジタル機にも興味は広がる。

(続く・・・)

Flickr
[PR]
by tabimoyou | 2011-08-27 22:52 | other

カレンダー完成

e0096774_19262743.jpg

ブログ未発表の作品を中心に作りました。
HP
足助寫眞

[PR]
by tabimoyou | 2009-01-12 19:28 | other

明けまして

e0096774_11155827.jpg
おめでとうございます。
皆さんのブログ更新があまりに早くびっくりしております。

今年も当ブログをどうぞよろしくお願いします。
年賀写真はまだ用意しておりません^^;
お昼、時間があるときにゆっくり作成しようと思います。(遅い・・相変わらずのんびりマイペースです。)

→作成しました。結局普通の写真です。ハイキーソフトに明るさを結構持ち上げています。

皆様にとっても今年が素晴らしい充実した1年になりますように。


写真は…
[PR]
by tabimoyou | 2008-01-01 01:53 | other

2007を振り返って・・・


一言で表すならば、「出会いの1年」
フォトコンテスト入選、PHOTO YARD加入、写真展開催・・・
そしてそれらを通じて出会えた同じ趣味の方々。
感謝してもしきれないほど、今年はいろいろな人にお世話になりました。

昨年10月から始めた写真ですが、ようやくカメラの操作に慣れた感じでしょうか。(イヤ、まだか)
このブログには「他の人には撮れない1枚」を目指して常に写真を選んできました。
今年の撮影枚数は約13000枚。ほとんどが納得できない写真でした。
そのうちブログに載せたのは毎日1枚だとしても350枚ほどです。
ほんのわずかな「辛うじて納得できる写真」をブログではお見せしていますが、
こんな拙いブログでも1年間、皆さんにはたくさんのコメントを頂き、感謝しております。

今年1年、ありがとうございました。
それでは良いお年をお迎えください。

[PR]
by tabimoyou | 2007-12-31 00:53 | other